広島人妻風俗の求人募集。時給9000円。レディファーストで紳士なお客のみ。広島一アットホームなお店

亡くなった父と名曲Friday Night Fantasy

「Friday Night Fantasy」

知っていますか?

「フライデーナイトファンタジー」

と読みます。

金曜日の21時から始まる
金曜ロードショーのオープニングテーマ。

1985年~1997年まで
使用されていた名曲なんです。

テレビを見ていたら
番組のBGMで流れてたので、

「懐かしいなぁ~」

と思って
YouTubeで検索してみました。

– 当時の放送そのままのもの
– 自衛隊の音楽隊が演奏してるもの
– アレンジしてるもの

などいろいろありましたが
この動画がシンプルで分かりやすいかなと。

亡くなった父との思い出

「今までありがとう」

病室で抗ガン剤で痩せ細った父に
なぜそう言えなかったんだろう。

「こんな姿見せたくないから帰れ」

という一言が胸に突き刺さった。

父は弱いとこは見せなかったので
意外な言葉に驚いてしまった。

その瞬間は夕方だっただろうか。

携帯に着信があって
見てみると母からだった。

「お父さんが亡くなったから今から病院に来て」

と。

「ついにこの日が来たか」

と思いつつ覚悟はしていたけど
複雑な気持ちが入り混じって頭が混乱した。

病室に着くと
眠ってるかのような父が姿がベッドにあった。

自然と涙が頬をつたっていた。

涙は家族にも見せたことがなかったのに
人目をはばからず涙が止まらなかった。

育ててくれた父が亡くなったことは
完全には受け入れることはできないし
今でもよく考えてしまう。

「幸せだったのか」
「俺のことをどう思っていたのか」
「どんな気持ちで生きてきたんだろう」

とかいろいろ疑問が頭の中をよぎる。

何も言わない父の存在

多くを語らない父だった。

自分のことを話さないので
何を考えていたのかよく分からない。

それでも

『父のことが大好きだったんだ』

と亡くなってから気づいた。

肺がんが見つかって
入退院を繰り返していたけど、

最初の発見から
いろいろな箇所に転移して1年半ほどで亡くなった。

「ありがとう」

と死に際にでも
勇気を出して言えなかったのはなぜだろう。

父の影響かは分からないけど
自分も多くを語らない妙な関係だった。

小学生の時には海釣りによく行ったし
何にしても一緒について行ってた覚えがある。

一緒にいる時間は長かったけど
お互いにペラペラと話したりしなかった。

鹿児島県出身なので
九州男児気質だったのかもしれない。

口下手で不愛想だし
恥ずかしがり屋な面があったように思う。

しつこく話しかけたり聞いたりすれば
答えてくれてたのかもしれないけど。

実家での何気ないワンシーン

「Friday Night Fantasy」

は冒頭に書いたように
金曜ロードショーのオープニングテーマ。

父は寝っ転がって
家族みんなでよく見てたのを思い出す。

YouTubeで聞きながら
フラッシュバックのようによみがえってくる。

「懐かしい」

という一言では足りない
いろいろな気持ちが交錯しているような。

親の影響は思った以上に大きい

よく思うんだけど
今の自分をつくってるのは
父の影響が大きいと思っています。

子供にとって
親の影響は大きいですよね。

良かったと思うこともあれば
嫌だったと思うこともあります。

自分の意志でやろうと思ったことが
なぜかできないことがあります。

無意識に親の影響で
ストップがかかってることもある
と思うんです。

今はもう亡くなっているので
直接聞いたり話し合ったりすることはできないですが、

嫌だったなと思う出来事に対して
意味づけを変えるようにしたら楽になりました。

例えば、
弟が生まれてからは全然かまってくれなくなったこと。

「自分も遊ぶ」

と父と弟の輪の中に入っていこうとしたら、

「あっちで遊んでなさい」

と冷たく言われて
子供心にショックでした。

意味づけを変えてみると、

– よく考える前に本音じゃない言葉がつい出ちゃったのかな
– 父も3人兄弟の真ん中だから小さい頃は同じようなことがあったのかな
– 母は自分たちを育てるのに精一杯で父は寂しい思いをしたんだろうな
– 会社員でずっと頑張っているからストレスが溜まっていたのかな

というような状況だったのかもしれない。

そう考えてみると、

「まぁ仕方ないか」

と思えるようになってきました。

1つトラウマがなくなったような
軽い気持ちになれました。

親が生んで育ててくれたから今がある

感謝しかないですね。

大人になった今だからこそ
ありがたさが分かります。

母はまだ健在なので
体が悪くなって動けなくなる前に
温泉旅行とか親孝行したいなって思います。

その前に
まず結婚しないといけないかな(笑)

というわけで
何気ない日常のワンシーンでも
かけがえのない思い出になることもあります。

いつかは親が先に旅立つので
一緒にいれる時間を大切にしてはどうでしょうか。

お問い合わせ

『こあくまなグループ』で働きたい方は

お電話は
求人担当平井 090-6837-5090
(午前10:00~深夜3:00まで)

メールはこちら

LINEでのお問い合わせはこちら



公式ホームページは
こあくまな人妻たち 広島店はこちら
こあくまな熟女たち 広島店はこちら
こあくまな人妻たち 福山店はこちら
こあくまな熟女たち 福山店はこちら

30代・40代の女性が稼ぎやすいお店です。

1日や1週間など、短期間の出稼ぎもOK
(全国から来ていただいています)

質問も気軽にしてください。

優しくて真面目と言われる店長が対応します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

広島のデリヘル『こあくまな人妻たち』で働きたい方は

お電話は
  フリーダイヤル 0120-057-387
  お店 082-503-7387
(午前10:00~深夜3:00まで)

メールはこちら

LINEでのお問い合わせはこちら




30代・40代の女性が稼ぎやすいお店です。

1日や1週間など、短期間の出稼ぎもOK
(全国から来ていただいています)

質問も気軽にしてください

店長プロフィール


10年運営している風俗店の店長です。
短期間で稼ぐコツや、風俗が初めてでも、
子供がいても安心して働けるお店の選び方、
家族や友人にバレない働き方、容姿や年齢、
人間関係に自信がなくても大丈夫な方法など
お店の女性の話をふまえてお伝えします。
広島一アットホームで、安心、安全に
働けるお店
を目指しています。