広島人妻風俗の求人募集。時給9000円。レディファーストで紳士なお客のみ。広島一アットホームなお店

亡くなったおばあちゃんへの後悔

朝、7時32分。

母親「まだ寝てた?」
  「おばあちゃんが亡くなったんよ」

自分「え、そうなん?」

母親「デイサービスに行ってた時にね」
  「お通夜とか後でまた連絡するから」

自分「分かった」

突然の訃報にショックを受けました。

同時に後悔の念が
頭の中をよぎりました。

おばあちゃんという存在

亡くなったのは
父親の方の祖母です。

認知症でしたが
元気だった印象だったので
驚きを隠せませんでした。

88歳という年齢なので
平均寿命ではあるけど、
もっと生きてほしかった。

認知症になる前に
会いに行けなかったことを
後悔
してしまいます。

鹿児島だったので距離が遠く、
なかなか時間をつくることが
できなかったのもあるけど。

「その内に」

と、思っていたら
いつのまにか認知症になっていたんです。

鹿児島に1人というのは
いろいろ心配していまうので、

今から6年くらい前に
広島市内の牛田の実家で
母親が面倒をみることになりました。

顔を見ても誰か分からない

「おばあちゃん、元気?」

そう声をかけても
自分のことを認識できません。

会話もできない状態。

ぼそぼそと独り言は言ったり
食事は食欲もあって元気だったけど。

自分だと分かってくれないのは
正直、寂しい気持ちになりました。

小さい頃は、
ゴールデンウィークやお盆や正月
などの大型連休に鹿児島に行くと、

「元気だった?」
「遠いところをよく来たね」

と言ってくれてたのに・・・。

電話もたまにかかってきて、

「就職はどうなってるの?」
「結婚はいつするの?」

と、すごく心配してくれてたのが
なつかしく思い出します。

後悔してからじゃ遅いと痛感

「元気なうちに会っていたら」

と、葬式の場では後悔しましたが
亡くなった後だと遅いですよね。

無理をしてでも
会っておいたほうが良かったです。

おばあちゃんが父親を生んでくれたから
自分が存在してる
んだと思ったら、

感謝しないといけないと思いました。

自分のことを、あれだけ心配してくれる
存在ってなかなかいません。

当時は、

「うるさいなぁ」
「毎回同じことを言って」

と思ってましたが、
自分のことを思ってたからこそ
気にかけてくれてたんですから。

母親へ手紙を渡してみた結果

話は変わりますが、

「これ、読んでみて」

と、自分の母親に手紙を
渡したことがあります。

母親に対する自分の気持ちを
書いたみたんです。

普段、面と向かって言えない
正直な気持ちなど。

特に男性なら分かると思うんですが、

自分のことをベラベラと
話したりするのって苦手ですよね。

感謝の気持ちがあっても
言葉に出して伝えるのって恥ずかしい。

それを、思いきって
手紙として渡したわけです。

1日たってメールが来ました。

「ありがとね」
「大事に取っておくね」

と。

それまで、手紙はもちろん
言葉で伝えたことはなかったので、

余計に感じることがあったみたいです。

思ってもいない内容だった

自分が手紙を渡す前に
きっかけがありました。

母親はキリスト教で
毎週日曜日に教会に通っています。

『子供に手紙を書く』

というワークがあったみたいで、
1年くらい前に渡してくれました。

自分を入れて3人兄弟なので、
長男の自分にはあまり面倒を
見てあげれなかった、

ということなどが書いてありました。

自分としては、教員の仕事をしてる中、
3人の面倒を見るのが大変だろうなと
と当時は思っていました。

それでも自分は寂しい思いを
した記憶がなかったので、

そう書かれていることに
少しビックリしました。

正直、自分の気持ちを手紙にして
渡すのは恥ずかしい気持ちがあって
半年くらい悩みました。

それでも、いい機会だと思ったし、

「誤解を解いてあげないと」

という気持ちもありました。

面倒をみてあげれなかった
いい母親じゃないと思ってたみたいなので。

本音はお互いに言いにくい

手紙の効果かは分からないですが、

自分のことを話したり
コミュニケーションが
増えたように思います。

祖母が亡くなったように
母親もいずれは亡くなります。

その時に、

「素直な気持ちを伝えとけば良かった」

と、後悔する前に手紙という手段だけど
渡して良かったと思っています。

母親も本音とか言いにくかった
と思うので、お互いにいい機会
になったんじゃないかと。

「どう思ってるんだろ」

という部分を相手に伝える
ってすごい大事だと思いました。

具体的なステップ

1 親に対する気持ちを書き出してみる
2 どうしても伝えたいことに印をつける
3 印をつけたことを中心に手紙を書く
4 勇気を出して親に手紙を渡す

ということですね。

結婚式で親への感謝の気持ちを
手紙にして読むように、

素直な気持ちで書いてみて下さいね。

親はもちろん
自分の中でモヤモヤしてたものが
スッキリするのが実感できる
と思います。

本日のまとめ

【素直な気持ちは生きてるうちに】

 

おばあちゃんには、
素直な気持ちや感謝の気持ちを
伝えれなかったので後悔しています。

自分を可愛がってくれて
本当にありがとう。

天国で楽しく過ごしてね!

お問い合わせ

『こあくまなグループ』で働きたい方は

お電話は
求人担当平井 090-6837-5090
(午前10:00~深夜3:00まで)

メールはこちら

LINEでのお問い合わせはこちら



公式ホームページは
こあくまな人妻たち 広島店はこちら
こあくまな熟女たち 広島店はこちら
こあくまな人妻たち 福山店はこちら
こあくまな熟女たち 福山店はこちら

30代・40代の女性が稼ぎやすいお店です。

1日や1週間など、短期間の出稼ぎもOK
(全国から来ていただいています)

質問も気軽にしてください。

優しくて真面目と言われる店長が対応します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

お問い合わせ

広島のデリヘル『こあくまな人妻たち』で働きたい方は

お電話は
  フリーダイヤル 0120-057-387
  お店 082-503-7387
(午前10:00~深夜3:00まで)

メールはこちら

LINEでのお問い合わせはこちら




30代・40代の女性が稼ぎやすいお店です。

1日や1週間など、短期間の出稼ぎもOK
(全国から来ていただいています)

質問も気軽にしてください

店長プロフィール


10年運営している風俗店の店長です。
短期間で稼ぐコツや、風俗が初めてでも、
子供がいても安心して働けるお店の選び方、
家族や友人にバレない働き方、容姿や年齢、
人間関係に自信がなくても大丈夫な方法など
お店の女性の話をふまえてお伝えします。
広島一アットホームで、安心、安全に
働けるお店
を目指しています。